・ ブルードット開発物語

  このページを制作している(株)井口タタミフスマ店 総合企画室 室長 久木元謙氏です。
と同時に(株)ホームケアふくおかの代表でもあります。こちらでは本名の井口謙氏を名乗っています。

ややこしいけど、それはおいといて・・・・。
 

その1 ブルードットがやってきた


ブルードットは、
介護用品ショップ(株)ホームケアふくおかを立ち上げたときに、知人が持ち込んだモノです。その当時は、まだ特許申請中だった商品でした。

普通の消臭剤なら別にいまさら紹介する価値もありません。

が、この商品については、
「割安」、「使いやすい」、「便利」、「高性能」ということで、“納得”

「このまま埋もれてしまうのはもったいない」・・・ 


それならば・・・ということで、販売してみることになったわけです。
 

その2 ブルードットって?

ブルードットは、
消臭作用があることに目をつけた、(株)ポールスターラボ 山本さんの開発商品です。その当時は商品の検証中で、分析機関への依頼、医療現場へのお試し試用の依頼。まだまだお金をつぎ込んでいる最中のもの(今でも?)でした。

弊社でも、居宅事業支援事業所やデイサービスへの試用サンプルを、たっくさん配布しました。これってタダじゃないんだよねぇ。(*_*)
 
その3 ブルードットの効用は?

ポータブルトイレへの使用が前提だったため、その面については、問題なく多くの試用者から支持を得られるようになり、定期購入へと販売が進んでいます。今ではこれじゃないとダメだという病院もあります。
 
その4 ブルードットは他の用途に使えないの?

それもそうだと思い、キャンピングカーや工事用の簡易トイレにも良いだろうと思い、ネットにてサンプルを100以上出しました。

が、返事が返ってこない・・・

おそらく、効かない?のでしょう。つまり、タンクが大きいので、 
1 ***が浸かるくらいの水が最初から入っている必要がある。
2 車が動いたときに、タンクの横に付いた***からにおいを発する。っていうようなことでは無いでしょうか?

ということで、今ではキャンピングカー使用は無理だろう・・・との個人的認識です。

 

その5 ブルードットはどこでもうっているのだろうか?

性能は抜群、特許まで取れたモノの、メーカー(ポールスターラボ)は、どのルートにて販売するのか模索中です。私の所で販売しているのは、たまたま介護ショップだったために、データ集めをかねたいわいるテスト販売にしかすぎません。既に大手からの打診が入っていますので、いずれOEMのような形で販売されることでしょう。量販店にて販売することは今のところないと思われます。

ということで、今のところ、この商品を買えるのは、ここだけのような気がします。あとは・・・・???
 
その5 で、売れてるの?

2004年6月から始めて、100年で1000本ほど売れました。あまりにもニッチ、需要も小さいので、良く健闘しているとは思います。今のところ店頭売りがほとんどですね。ネットではぼちぼちです !(^^)!
 

ブルードットトップトップページヘリ無し置き畳座80へりなしウオッシュ



 

Copyright(C)2000-2015置き畳ドットコム  All rights reserved.